憧れの髪型が一番似合わない?パーマで失敗した体験談

私は髪の毛がすごく太くてクセが強いのですが、あるときキレイなパーマに憧れてパーマを人生初かけてもらうことにしました。私の中ではきれいなウェーブになって大人っぽくなるイメージがあったのですが、髪が太いため上手にパーマがかからずにおばさんにようになってしまいました。

 

パーマというよりかはぐしゃぐしゃでちりちりになってしまい、人生で一番恥ずかしい髪型にになりました。

髪型13
ですが、パーマは意外とお金がかかりすぐにストレートパーマで直すのはもったいなかったので、2ヶ月くらいはパーマをかけたままでいたのですが、友達からも「似合うね」とは一言も言われずにやっぱり変なんだなと改めて思いました。それどころか「ストレートの方が似合う」と言われてしまう始末です。私も自分自身で分かっていたので微妙に恥ずかしかったです。芸能人ヘアは地雷率たかい?!

 

そして、そのまま2ヶ月はせっかく人生初パーマをかけたということもあり我慢していたのですが、やっぱり限界になってすぐにストレートパーマで元に戻しました。私は髪質的によく芸能人が行なっているようなきれいなパーマになることは出来ないのかなと改めて思いました。

 

きれいなパーマは今でも憧れるのですが、私の髪質では理想とはかけ離れてしまうので、それ以来、二度とパーマをかけることはなくなりました。

髪型14
今後もパーマをかけることはないでしょう。そして、今の髪型はストレートパーマをかけて髪の毛をピンピンにストレートにしています。ですが、やっぱり髪型の本を見ているときれいなパーマに憧れてしまいます。自分の髪の毛がもっとストレートで細い髪質だったらなあと心から思います。

 

このように、私が人生で一番失敗した髪型を紹介しました。その髪型はパーマなのですが、周りでキレイなパーマをしている人見るとすごく羨ましくてたまりません。私もパーマが似合う髪質になりたかったです。ですが、変なパーマになると分かっていたのでもう二度とすることはありません。