ショートカットで時間短縮を目指したはずが、全然意味がなかった!

髪型9
出産を機に、長い髪型をやめてショートカットにしました。子供がいるとなかなかゆっくりお風呂にも入れず、ヘアケアやドライヤーにかける時間が取れないためでした。

 

ショートカットにして、最初はとにかく楽なことに感動しました。

 

洗い流すのも早いですし、タオルドライ後は放っておけばいつの間にか髪が乾いています。なんでもっと早く切らなかったんだろうと思ったくらいです。

 

しかし段々とショートヘアの気になる点も出てきました。

 

それは髪が伸びると異様に目立つということです。

 

ロングヘアの時には3カ月に一度のカットでも気にならなかったのに、今はカットしてから三週間もすればヘアスタイルの崩れが気になるのです。結局月に一度は美容室で整えてもらわないと綺麗なショートヘアの形は保てなくなってしまいました。

 

毎日の時間短縮にはなっても、美容室に行く回数が増えては時間的にも金銭的にも結局意味がありません。しかもロングヘアは寝癖がついても適当に髪を結えばごまかしが効くのですが、ショートヘアはそうもいきません。ダイレクトに髪型の変化が分かるスタイルですから、毎日のヘアセットに時間を取られるようになってしまいました。
髪型10
こんなにショートヘアでも手間がかかるなら、大好きだったロングヘアを切るのではなかったと本当に後悔しました。その後、以前の長さに伸ばすまでに二年間もかかってしまいました。

 

もしこれから私と同じように、本当は切りたくないけれど、時間短縮のためにショートヘアにしようとしている方がいるならば、少し立ち止まって考えてほしいなと思います。

 

ショートヘアはショートヘアなりの手間や時間がかかるものです。しかも慣れていないだけに、ロングヘアよりも戸惑うことも多いです。何より一度バッサリとカットしてしまうと元の長さに戻すまでに本当に時間がかかります。